AX
美味しいものを食べるということ
海外生活。大事なものの一つに食事があると思います。
現地の食事。現地の食材。それで十分な時もあります。
でも たまに恋しくなるのは 食べなれた味。
それをどうにか再現したり チャレンジしたり。
焼肉好きとしてはやっぱり牛タンが食べたいのぉ!
c0038299_22495425.jpg

そんななかで。以前牛タンの皮むきを教えてもらったことを書きました。
今日は その様子をリアルに紹介したいと思います。
お肉の塊が苦手な方。血が苦手な方は・・・どうかな。
割とグロくなく撮れてると思いますが。



c0038299_22543843.jpg牛タンは凍ったものを用意します。
この牛タンは長さ40cmくらいかな。
約4ユーロで買いました。

う~ん・・・舌まで牛模様。

表面は洗います。
たまに毛がついてたりするし。

そんなことをやっていると
ちょっとずつとけてきますよね。
薄くて解凍しやすい舌先からスタート。

裏は薄皮みたいで白っぽく薄いかな。
ちょっとつまんで削ぐように。
うす~く削ってゆきます。

表は少し厚めの皮です。
少しずつ。あわてず。削いでゆきます。
凍っていて滑りやすく
硬くて危ないので注意!です。

解凍してしまうと やわらかくて
とっても削ぎにくくなります。
とけかけの時が勝負!

先のほうは繊維質で固めのお肉です。
薄くスライスしてクリスピーに焼いたり。
煮込んでやわらかタンシチューなど。
部分によって食感が違います。
根元に近いほど脂がのってます。

c0038299_2354482.jpg
裏面の真ん中付近には 
脂の塊や筋っぽい部分が
集中しています。
ここもつまんで切り取るべし。
片手でつまんで引っ張り
ナイフを当てて滑らせる感じ。

なんていうんだろ
魚の皮をむく感じかな。
力を入れすぎず 
ナイフの刃を上手く使って。
うすく削っていって
残っていたらまた削ると。

さてさて。
こちらは表。


こちらは裏。

うまいこと皮がむけましたよん。

ちなみに。
冷たいので綿の手袋の上に
ビニール手袋をして
万全で挑んだ私でした。

さて。お好きな分にカットして(ブロックでもスライスでも)冷凍庫へ。
一度むけば 何度か楽しめるので。うしし。次はいつ焼こうかな。
c0038299_23195298.jpg

わからない部分があればきいてくださいね~。

ココをクリック。で応援ポイントが付きます。ブログランキング。ぽちっ。
[PR]
by usaginosiratama | 2005-05-06 23:20 | 海外生活
<< 春真っ最中 世界一出来たてのGUINNES... >>