「ほっ」と。キャンペーン
AX
アイルランドに住む・・・って こんなのあり?
アイルランドでの生活が始まり 一ヶ月。
c0038299_459539.jpg

新築を借りた我が家は きれいで広い部屋を満喫している・・・はずだった。




これまで 多数の問題点があり 何度も修理に来てもらった。

*ペンキの塗り忘れ?
*フローリングの板同士の隙間あり。
*トイレのふたが壊れていた。
*1Fのトイレのミラーは箱に入ったまま(取り付けされてない)
*バルコニーのドアの鍵を紛失していた(・・・)
*鍵の交換の際、ドアが開かないことが発覚!
 内開きのドアで 床のほうが高くなっていた為 床を削って応急処置。その後はまだ未解決。
*シャワー中、突然お湯がストップ。さむっ!違う部屋のシャワーも壊れていた・・・
*一部屋だけヒーターがきかない。
*廊下の明かりのスイッチとトイレのスイッチtが一体化。
*セキュリティーの番号をあらゆる人が知っている。
*ロールタイプのブラインド 左右の長さがまったく違う!

などなど まだ解決していないものや 目をつぶっているものもあるけれど
とりあえずは 大丈夫でしょうと思っていた。

日曜日の夜。夕食の準備で 私はキッチン ダーリンは2Fにいた。
『ドン!ガシャガシャガシャ~ン!!!!!!!!!!!!』
わたしは ダーリンが階段から落ちたのかと思った。
それほど大きな音だったのだ。
廊下に出てわたしが目にしたもの・・・。
床に砕け散った天井の破片たちと その上に注がれる水だった。
「う゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛・・・・・・」
走り回って 洗面器・・・はなかったので流しの桶のような容器と バスタオルで応戦!
「大丈夫~?」
と除いた彼はダーリンは わたしがなにか大量に食器を落としたのかと思っていた。 
あわてて降りてきて 天井を見た。
おそらく バスタブのあるであろう位置の天井が 1m四方ほど剥がれていて
まだ水がちょろちょろ落ちていた。
たしかにお風呂上りではあった。でも日本のように外で体を洗って お湯につかるスタイルではない。あくまでもバスタブの中だけでお湯を使っていた。
c0038299_19581490.jpg
不動産に説明するために 
写真を撮り 片付けた。
こんなこと新築でありえない!
私たちはそう思っているが 
使ってみないとわからないのが 
こちら流の考えなのか・・・。
家の裏手では 同じ造りの家を増築中だ。
先月から何ら進んでいないように見えるが
この家も同じ人たちが作ったのだろう。
「そこを作る前に うちを修理してくれ!」
これが ダーリンの口癖。
次はどんなトラブルが発生するのだろうか・・・



c0038299_451463.jpg
裏手の家が完成したら
日当たりが悪くなるかな?
なんて心配もしています。
[PR]
by usaginosiratama | 2005-01-24 19:32 | 海外生活
<< Limerick Langua... 念願かなって >>