AX
買い物には気をつけろ!




海外生活のみならず、日本でもそうですが
買い物をした後、その場でのレシートチェックは欠かしません。
バーコードを読みとるごとに、値段のチェックが出来る場合は
すぐに、『それ値段ちがうんでないかい?』と言えますが
セルフで直に袋詰めしなければいけないときは
支払い後レシートを見て、値段や数量の間違いがないかチェック。

残念なことに、意外と多いんですよね。
バーコードが読みとれなくて、何度も通した品物が
数量多く打ってあったり。
割引なはずが値引きされていなかったり。
ちがう商品名でちがう値段で打ってあったり。

スーパーや店員さんにとって対応はさまざま。
昨日はこんなかんじでした。

まずは<あるでぃ>というスーパー。
ココではいつも、豆乳やソーセージ、パンを買っています。

1.99ユーロのブドウが、2.79ユーロで打ってあったので
手の開いているレジのお姉さんに言いました。
『あ~、今2種類値段があるのよ、グレープ。80セント返ってくるわよ。』
『・・・でも、支払ったレジで返してもらってね♪』
う~ん、こんどは支払いをしたお兄さんに同じ説明をしました。
『あ、ごめんね~。ちょっとまって、80セント返すから。』
そういって、別のスタッフを呼ぶ。(レジで特別な作業が必要な時は呼ぶのね)
・・・出てくるまで5分位は待ったぞ。(・・・3分かも?)
『・・・これなんだけど、値段がちがってるんだけど・・・。え!?2種類あるの?』
『・・・あぁ、ハローウィンのやつは安いんだね、OK!』

『はい、80セント。ごめんね!』

ふう。80セント(≒120円)とはいえ、大きいもんね。
さて、今度はちがうスーパー<てすこ>へ。
いくつもあるスーパー、それぞれ品揃え、値段が結構ちがうので、ハシゴは当たり前(笑)
ここには、小麦粉やコーヒー豆、白菜、大根が欲しい時に来ます。
久しぶりに寄ったので、迷ったけど最近食べていない大根もカゴに。

『はろ~!ごきげんいかが?袋はいりますか~?』
なんて、大きいからだのわりにさわやかな挨拶のおにいちゃん。
あ、袋は有料だからね、もちろんマイバッグ持参してますよ。
ちなみにここは、人参やら大根やら、レジでの量り売りです。
『(大根を手に持って)・・・。』
『(大根を秤にのせて)・・・。』
『・・・。ちょっと待ってね。レジの調子が悪いみたい。』
どうやらこのおにいさん、大根の商品名がわからないらしい(笑)
ま、こんなこといっつもだけどさ。大根なんて彼ら食べないんだしね。
ちなみに、棚にはMooliとかって書いてあるのよね。
『(後ろの店員に)・・・これなんだっけ?えっ?・・・ムーリ?OK!』
『ちょっとまってね。今度はOKだから!』
『・・・もうちょっと、まってね。』(と言いながらキーを探しているのかい?)
おいおい。聞いておきながら、まだですか・・・。いつもより長いなぁ。
と思っていたら、今度はちがう年配の店員を呼んでるよ・・・。
『これなんですけど・・・。見つからないんです。あ、値段見てきてもらえますか?』
おい、普通は自分で見に行くだろ?さてはこの人新人だな・・・。
そう、いつもは、ちょっと待っててね、値段チェックしてくる。と言って
客ほったらかしで自らチェックしに行くパターンが多いんです。
しばらくしてのそのそ帰ってきた年配店員さん。
『"ナス"と同じ値段だから。全く同じ値段だから、"ナス"で打っていいわよ!』
う、"ナス"ときたか・・・。いくらだったっけな?
こういう場合、慣れている人だと、"カブ"で打っておくわ~とか言うんだけどなぁ。
『ごめんね。なんだかキーがなかったから、"ナス"で打っておけって。』
『○○ユーロだよ。サンキュー。バ~イ』
最後はやっぱりさわやかだった。さて、レシートチェック。
・・・。おいっ。
ナスは2.49ユーロ/kg
大根は1.59ユーロ/kg
500gくらいだったから、・・・50セントも損してるし(泣)
迷って大根なんかカゴに入れるんじゃなかった。

c0038299_18322042.jpg


さすがに1日に2度も似たようなこと説明するのは面倒だし・・・。
そろそろ混んできてるし・・・。
前に大根安く打ってもらったし・・・。
・・・。
まあこれはいっか(笑)

両方損だと凹んでいただろうけど
片方は戻ってきたし、片方は以前得してるし。ね。

時々、間違った値段で打った商品はタダにしてくれるときもある。
同じ店でも店員によるんだけど。

みなさま、買い物にはレシートに打ってある値段に気をつけろ!でございます。



ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。





[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-04 18:33 | ひとりごと
<< お休みなさ~い ゴルウェイ オイスターフェステ... >>