「ほっ」と。キャンペーン
AX
粉まみれ





最近UPペースが遅いぞ~なにやってんだ?
と、思われる方も多いかもしれません。

わがしらたま家に新しいアイテムが導入されまして、
ただいま粉まみれのワタクシでございます(笑)

とうとう買ってしまいました!

c0038299_19334677.jpg


念願のパスタマシーン!

買ったからには!と、しばらく麺道楽してました。

c0038299_19344574.jpg

手打ちパスタ。シーフードクリームでごちそうさま♪

c0038299_19351743.jpg

手抜きうどん。バージョン2。捏ね、伸ばし、切る作業がさらに簡単に!

c0038299_19354323.jpg


c0038299_19361316.jpg

中華麺。これは醤油ラーメンになりました。

c0038299_19364469.jpg


c0038299_1937578.jpg

餃子の皮。薄くたくさんできるので便利!カリッとうまい!


いやはや、食欲の秋ですね。
引き続き、粉物を扱いますのでスローペースでぼちぼちいきますわ。



  ブログランキングへ。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-24 19:52 | 食べる
スキナモノ





なおっちの 『わたしの好きなもの♪』プレゼント企画にトラックバック!

スキナモノを3点以上、写真つきでUPすると
なおっちセレクトのキュートな雑貨プレゼントに応募できちゃうの。

ではさっそく、わたしのすきなもの。


① ダーリン♪と言いたいところですが、まずはしらたま。

c0038299_2044016.jpg


今は妹夫婦にお世話になっています。
もうすぐ8歳の彼は、まだまだ元気です。
ふかふかのしらたま。はぅ~、癒される♪
あ、うさぎ全般好きです。うさぎフェチ。なんちって。


② 悩むところですが、着物。

c0038299_2092681.jpg


はじまりは、2人のおばあちゃんかな~やっぱり。
和裁が得意な父方のおばあちゃん。
踊りが好きだった母方のおばあちゃん。
おばあちゃんはたくさん着物を持っていて
ママのお姉さん(私の伯母)も、たくさん着物をもっている。
『着れるようになったら、持って行ってもいいよ』と言ってくれたので
着付けも習いに行った。師範の資格をとるまでがんばった。

日本より、着る機会はすくないけれど、こっちでも活躍。
海外にきて、さらに着物が好きになったかも。


③ ちょっと重いけどね、ルクルーゼ。

c0038299_2021275.jpg


ずっと気になっていて、でも自ら購入はためらっていたルクルーゼ。
結婚のお祝いに友達からいただいたのをきっかけに
いまでは見事、コレクターへと転進中。
最近はシリコンのケーキモールドなんかもゲット。
5色揃えた現在、そろそろ打ち止めかとも思っていますが
もう、炊飯器もいらないかも~。とダーリンに告げ、
大人数用に、大き目のロンドゲットを思案中・・・。ふふふっ。

おコメも早く炊けるし、おいしくなる。
お野菜も甘みが増しておいしくなる。
素材の味が生きてくるから、調味料は最小限。使わない時もあるくらい。
美味しい食卓、さらにがんばるぞ~。


④ ・・・と続けたいところですが、次々でてきてしまいそうなのでおしまい。

なおっち~。
アルミモールド可愛いよね。お菓子にも料理にも小物入れにも活躍しそうだ!


  ブログランキングへ。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-21 20:35 | ひとりごと
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その3





ベートーヴェンの生家をあとにして、マルクト広場へ。
ボンの旧市庁舎がありました。



マルクト広場のインビス(屋台)でブルスト(ソーセージ)を買い、
市庁舎やマルクトを眺めながらもぐもぐ・・・。
パリッとはじけるブルストの皮、ジューシーな肉。思い出してもおいし~♪



再び歩き始めて聖レミギウス教会へ。



ボンに残る唯一のゴシック様式教会。
ベートーヴェンは10歳の頃、この教会の早朝ミサのオルガニストだったとか。
当時の演奏台(鍵盤)が、ベートーヴェンハウスに展示してありました。



後日分かったことですが、この教会にベートーヴェンの洗礼盤が据えられているそうです。


ライン川のほうに向かいました。



ボン・オペラ座



旧税関



・・・誰の銅像だったんだろう?



ライン川にむかっていた大砲。



街並みもすっかり秋でした。



ボン大学



カール・マルクスの出身校であり、新渡戸 稲造が留学した大学。
・・・あ、新紙幣ではもう見ることができないんですねぇ。



とてもきれいで、オープンなかんじ。
校舎のまえで、自転車市?がおこなわれていました。


最後にミュンスター教会
900年の歴史を持つこの教会でも、ベートーヴェンはオルガンを弾いたそうな。
入り口が改装中で入れそうになかったので外だけ。




ベートーヴェンの生まれた街を歩くと
今までただなんとなく思い描いていたベートーヴェンが
もっと具体的で立体的になっていきました。

突然のドイツ旅行でしたが、楽しんできました。
ベートーヴェン、改めて聞きたいなぁと思いました。


  ブログランキングへ。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-18 00:00 |  -ドイツ
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その2





2泊3日の最終日。ダーリンは朝からオランダへ向かいました。
私も同じ時間にホテルを出て、向かったのは・・・



西ドイツ時代の首都だった Bonn ボン。
こじんまりとしていると聞いていましたが、ほんと。
雨上がりの朝早い街は、すがすがしい!



ボン、といえば、やはりベートーヴェン。
230年以上も前ですが、彼の生まれ育った街。
のんびりと、その面影を辿りつつ、散策してみました。

まずはインフォメーションで地図を手に入れました。
日本語のものがありました。
地図の徒歩ツアーを参考に歩きます。

ミュンスター広場のベートーヴェンの記念碑。



星の門。



ベートーヴェンの生家。



現在はベートーヴェンの貴重な資料などが展示されている博物館。
直筆の楽譜や手紙。
少年の頃弾いていた、教会のオルガンの鍵盤。
贈り物の楽器。
使用していたハンマークラヴィア(ピアノ)。
生まれた部屋。

子供の頃、ピアノを習っていて、
やっぱり早く弾けるようになりたかったのは、『エリーゼのために』だった。
大晦日が近づくと、聞こえてくる第九。
なんとなく、だったベートーヴェンの存在に、ようやく触れることができたような気がしました。

じっくり見て回ってたら、あっというまに時間が過ぎてしまいました。
道路には、こんなタイルがはめこまれていました。




長くなりそうなので、続きます。


  ブログランキングへ。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-13 00:00 |  -ドイツ
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その1




先週、ダーリンの出張が突然決まり、
『明日からドイツとオランダ行くけど・・・、どうする?』
と聞かれまして、せっかくの機会、行かないわけには・・・ねぇ(笑)
で、突然でしたが、2泊3日でドイツへ行ってきました。
もちろん、ダーリンとはほとんど別行動。
ダーリンの乗るフライトと同じ便を、自分で手配して(勝手に)ついて行きました。

アイルランド・シャノンードイツ・デュッセルドルフ往復。
デュッセルドルフでは、突然にもかかわらず友達と会えることになり
あと1日は西ドイツ時代の首都、ボンに行くことにしました。


デュッセルドルフは2回目。着いたのは夜中の11:30。おそっ!
食事処は開いているわけもなく・・・?
いえ、日本のラーメン食べました。カフェで(笑)
デュッセのImmermann通りは、別名日本人通り。
日系企業や日本食レストランが並び、まさに日本!
夜食がいただけるとは、ありがたいです。
ホテルにチェックインして、この日は休みました。

2日目、金曜日。ダーリンはオフィスへ。
友達と会う時間まで、とにかく歩き回ることに。
駅構内をうろうろ、インマーマンをぶらぶら。
旧市街をきょろきょろ。気になるショップを物色(笑)
キッチン雑貨やかわいいおもちゃ、たくさん見つけて
どれを買おうか迷いました。
このとき買ったものの1部。



ランチタイムに待ち合わせしたのぐたん。
会うのは1年以上ぶりだったよね~。
お互い住んでいる国も、ダーリンの会社もちがうけど
赴任妻という立場が同じで、仲良くさせていただいてマス♪
お昼はのぐたんおすすめのレバノンレストランへ。




ヒヨコマメのコロッケ、『ファラフェル』
チキン・ビーフ・ラムの、『ミックスカバブ』。
ランチはドリンクつきなのがうれしいね!(何を飲んだのかは・・・内緒ってことにしておこう)

ゆっくりランチしながら、話は尽きず。
ランチのあとは、のぐたんのおススメショップや私の希望ショップを覗きました。
ウインドウショッピング、こんなにゆっくりしたのは久しぶりだな~。



のぐたん、ダーリンの仕事が終わるまで付き合ってくれてありがとう!

夕食はダーリンと上司であるMr.と一緒に。
ドイツなので、ドイツ料理・・に向かいましたが満席。
で、リムリックにはない韓国料理に変更。
韓国人グループさんが、すでに飲んでました・・・。
みんなで揃って一気にぐいっと!ぐいっと!もひとつ、ぐいっと!

韓国料理といえば、豊富な付きだし。8種類ほどでてきたかな?
かなりたくさんのメニューの中から、ユッケや天ぷらチヂミなど
つまめるものをちょこちょこオーダーし、シェアしました。
カプサイシンたっぷりとって、おなかもいっぱい。ごちそうさまでした。

続く。

  ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-10 00:00 |  -ドイツ