「ほっ」と。キャンペーン
AX
お休みなさ~い





ちょっと 数日お休みしま~す。

c0038299_0173752.jpg


ZZZ・・・

c0038299_0181319.jpg


ふが~・・・

c0038299_0182869.jpg


すやすや・・・

c0038299_0193025.jpg


すー。すー。

うさうさフォトはフリッカーよりお借りしました。


  ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっ。



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-06 00:21 | ひとりごと
買い物には気をつけろ!




海外生活のみならず、日本でもそうですが
買い物をした後、その場でのレシートチェックは欠かしません。
バーコードを読みとるごとに、値段のチェックが出来る場合は
すぐに、『それ値段ちがうんでないかい?』と言えますが
セルフで直に袋詰めしなければいけないときは
支払い後レシートを見て、値段や数量の間違いがないかチェック。

残念なことに、意外と多いんですよね。
バーコードが読みとれなくて、何度も通した品物が
数量多く打ってあったり。
割引なはずが値引きされていなかったり。
ちがう商品名でちがう値段で打ってあったり。

スーパーや店員さんにとって対応はさまざま。
昨日はこんなかんじでした。

まずは<あるでぃ>というスーパー。
ココではいつも、豆乳やソーセージ、パンを買っています。

1.99ユーロのブドウが、2.79ユーロで打ってあったので
手の開いているレジのお姉さんに言いました。
『あ~、今2種類値段があるのよ、グレープ。80セント返ってくるわよ。』
『・・・でも、支払ったレジで返してもらってね♪』
う~ん、こんどは支払いをしたお兄さんに同じ説明をしました。
『あ、ごめんね~。ちょっとまって、80セント返すから。』
そういって、別のスタッフを呼ぶ。(レジで特別な作業が必要な時は呼ぶのね)
・・・出てくるまで5分位は待ったぞ。(・・・3分かも?)
『・・・これなんだけど、値段がちがってるんだけど・・・。え!?2種類あるの?』
『・・・あぁ、ハローウィンのやつは安いんだね、OK!』

『はい、80セント。ごめんね!』

ふう。80セント(≒120円)とはいえ、大きいもんね。
さて、今度はちがうスーパー<てすこ>へ。
いくつもあるスーパー、それぞれ品揃え、値段が結構ちがうので、ハシゴは当たり前(笑)
ここには、小麦粉やコーヒー豆、白菜、大根が欲しい時に来ます。
久しぶりに寄ったので、迷ったけど最近食べていない大根もカゴに。

『はろ~!ごきげんいかが?袋はいりますか~?』
なんて、大きいからだのわりにさわやかな挨拶のおにいちゃん。
あ、袋は有料だからね、もちろんマイバッグ持参してますよ。
ちなみにここは、人参やら大根やら、レジでの量り売りです。
『(大根を手に持って)・・・。』
『(大根を秤にのせて)・・・。』
『・・・。ちょっと待ってね。レジの調子が悪いみたい。』
どうやらこのおにいさん、大根の商品名がわからないらしい(笑)
ま、こんなこといっつもだけどさ。大根なんて彼ら食べないんだしね。
ちなみに、棚にはMooliとかって書いてあるのよね。
『(後ろの店員に)・・・これなんだっけ?えっ?・・・ムーリ?OK!』
『ちょっとまってね。今度はOKだから!』
『・・・もうちょっと、まってね。』(と言いながらキーを探しているのかい?)
おいおい。聞いておきながら、まだですか・・・。いつもより長いなぁ。
と思っていたら、今度はちがう年配の店員を呼んでるよ・・・。
『これなんですけど・・・。見つからないんです。あ、値段見てきてもらえますか?』
おい、普通は自分で見に行くだろ?さてはこの人新人だな・・・。
そう、いつもは、ちょっと待っててね、値段チェックしてくる。と言って
客ほったらかしで自らチェックしに行くパターンが多いんです。
しばらくしてのそのそ帰ってきた年配店員さん。
『"ナス"と同じ値段だから。全く同じ値段だから、"ナス"で打っていいわよ!』
う、"ナス"ときたか・・・。いくらだったっけな?
こういう場合、慣れている人だと、"カブ"で打っておくわ~とか言うんだけどなぁ。
『ごめんね。なんだかキーがなかったから、"ナス"で打っておけって。』
『○○ユーロだよ。サンキュー。バ~イ』
最後はやっぱりさわやかだった。さて、レシートチェック。
・・・。おいっ。
ナスは2.49ユーロ/kg
大根は1.59ユーロ/kg
500gくらいだったから、・・・50セントも損してるし(泣)
迷って大根なんかカゴに入れるんじゃなかった。

c0038299_18322042.jpg


さすがに1日に2度も似たようなこと説明するのは面倒だし・・・。
そろそろ混んできてるし・・・。
前に大根安く打ってもらったし・・・。
・・・。
まあこれはいっか(笑)

両方損だと凹んでいただろうけど
片方は戻ってきたし、片方は以前得してるし。ね。

時々、間違った値段で打った商品はタダにしてくれるときもある。
同じ店でも店員によるんだけど。

みなさま、買い物にはレシートに打ってある値段に気をつけろ!でございます。



ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。





[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-04 18:33 | ひとりごと
ゴルウェイ オイスターフェスティバル 2006




↓のパレードに続き、スペイン門を見ながら向こうのテントまで。



すごく大きな特設テントです。
この中で、カキの早剥き大会も行われます。
以前、ウルルン滞在記で放送されたので、ご存知の方も多いはず。





この旗、ほしい・・・。



この会場への入場には、チケットが必要です。
この日のイベントは、カキの試食、カキの早剥き大会、シーフードのランチなど。
・・・残念ながら、入ってないよ(笑)
だって、100ユーロ(≒15,000円)って、高いよ~。
みなさん、ドレスアップしてるしさ。
宝くじが当たったらにしようっと。

入場者のなかに、ちらほらアジア人発見。来るのね~。買うのね~。(・・・私たちも似たようなもの??)

さてと。
雰囲気も味わったことですし、ランチだよね♪





パブも混雑しています。
とりあえず目的はオイスター!






殻が丸っこいの、これならわかりますよね!?
アイルランドの牡蠣はヒラガキ、という種類です。
身も少し歯ごたえがあり、美味しかった~。

オイスターフェスティバルは、この日の夜も次の日も
テントの中で有料イベント(牡蠣の試食を含む)が行われました。
・・・もう少しお手ごろだったらよかったのにな。

テントに入らず、フェスティバルの雰囲気に浸った1日でした。
牡蠣とギネス、うまかった♪



  ぶろぐらんきんぐ 応援クリック。ぽちっ。




[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-03 23:00 |  -アイルランド
The 52nd Galway International Oyster Festival




週末、Galway ゴルウェイ に行ってきました。

目的は・・・

Galway International Oyster Festival

オイスターフェスティバル

ヨーロッパでは"R"のつく月 (September~April)は
カキを食べることの出来るシーズンと言われています。
その解禁月である9月末にある、カキの産地ゴルウェイのお祭りです。

アイルランドで唯一と言っても過言ではない
『生で食する海の幸』 オイスター。
日本の牡蠣とは種類が異なり、殻が丸っこく、身は少し歯ごたえがあります。
アイルランドでは、ギネスと一緒に、シャブリではなくギネス。
せっかくなので、このフェスティバルをのぞいてきました!



マーケットで見かけたパンプキンたち。
・・・もちろんハロウィン用なんだろうなぁ。



もちろん牡蠣も売っていました。
殻が丸っこいの、わかりますか・・・?



あいにく小雨が降ったり止んだりする中でのパレード。
子供たちや地元のバンドが演奏しながら先導。
牡蠣の早剥き大会参加者などが列をなし、会場まで歩いていました。







さ、私たちもこのパレードと一緒に、会場までGo!

・・・続く。


ぶろぐらんきんぐへ





[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-02 23:00 |  -アイルランド
Thanks!


先日、お花をいただきました。
あ、誕生日とか、記念日とかじゃなかったんですけど。

とってもきれいに束ねられた、大きなものでした。
リムリックでも、こんなにきれいに売っているんだなぁと
すごくびっくりしたくらい(笑)
いえ、花は売っているんですけどね。

ですが我が家にはこの花をまるまる生けることの出来る
大きなフラワーベースがないぞ・・・(汗)

c0038299_21431668.jpg


ってなわけで、こんなかんじのアレンジになりました。
これで、いただいた半分くらい。

c0038299_1465759.jpg


鍋にですかい?
と思われるかもしれませんが、ダイニングにはぴったりかと・・。

かなり余談ですが、スターチスの茎を見るたび
ガウディを思い出します。あぁバルセロナ・・・。


 ぶろぐらんきんぐ



[PR]
# by usaginosiratama | 2006-10-01 21:46 | ひとりごと