AX
タグ:お出かけ ( 47 ) タグの人気記事
夫婦の初体験のあと

先週末のラグビー観戦の後のお話。
勝利の興奮をそのままに、まずはパブで1杯!

c0038299_1834258.jpg


Munsterサポーターの集う、このパブ。
赤ジャージ軍団がうじゃうじゃ勢ぞろい!
レストランの予約時間まで、過ごしました。

c0038299_182349.jpg


暗くなったリムリックの街並みは久しぶり。
冬が来るんだなぁ、としみじみ感じました。

赤いおうちさんが予約してくれたレストランへ。

c0038299_17593380.jpg


Market Square Brasserie
古い建物の地下に降りていくと、素敵なレストランがありました。
リムリックにも、こんなところがあったのね・・・。

バーでアペリティフを飲みながらメニューを見つめました。
どれもおいしそうで迷っちゃう・・・。
でも、アペタイザーは一番スキナモノに決定。
メインは自宅ではあまり料理しない食材にしました。

c0038299_18105195.jpg

c0038299_18112225.jpg

c0038299_18131124.jpg


大好きなフォワグラ♪ そしてラム。ブリュレ。
今回はデザートまで堪能してしまいました。
おいしかった~。

ワインを飲みながら、4人で色々な話をして
気が付けばもう1時!あれま~、そんなに長居していたのね(笑)
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
このような時間を持てたのも、赤いおうちさん夫妻のおかげです。
ほんとうにありがとうございました!




ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。

[PR]
by usaginosiratama | 2006-11-03 18:20 | アイルランド
夫婦の初体験




きゃ~☆☆
とうとう初体験してしまいました。

c0038299_43056.jpg


赤帽子でぞろぞろ。

c0038299_433780.jpg


前に続け~。

c0038299_435249.jpg


うひゃひゃ。赤いヒト、多いね~。

c0038299_44889.jpg


じゃ~ん!

Heinecken Cup 初生観戦♪

前回のハイネケンカップで見事優勝した、地元チームMunster対フランスチーム。

バンクホリデーの3連休なのに、諸事情で旅行ができない私たち。
連休スタート日がホームゲームであること知り
もちろんチケット売り切れで、こうなったらパブ観戦だ!とあきらめていたら・・・
赤いおうちさんのダーリン、ラガーマンのジェリーが取ってくれました~。
ジェリー、本当に感謝です!!ありがとうごさいます!!
のちほどジェリーがMunster under 20 の選手だったことを知りました。
なんと、そのような経歴の持ち主だったとは!
選手との交流もあるようで、一緒にゴルフに行ったりするんですって・・・おぉ。


開始前の選手たちのアップの様子を見ながら
とりあえずハイネケンをぐびり。
さすがに、選手たちは大きいですね。

さあ、5時半キックオフ!

c0038299_456853.jpg

c0038299_4554497.jpg


わたしのお目当ての選手2人、RonanとPeter。
もちろん今回も活躍してくれました!

c0038299_564851.jpg


会場はMunsterサポーターで埋め尽くされ、ものすごい熱気と歓声。
初めてのラグビー観戦でしたが、私たちも叫びましたよ~!!

c0038299_584251.jpg


なんだかんだとあっという間に時間は過ぎ、試合終了。
Munsterの大勝利でした。やった~☆☆

c0038299_5101087.jpg


試合後は乱闘に!
・・・じゃなくって、子供たちがお目当ての選手に向かって走る走る!
ついさっきまで試合をしていたグラウンドに足を踏み入れちゃった♪

c0038299_5113346.jpg


今までスポーツ観戦はTVオンリーでしたが
今回試合を見ることが出来て、本当に楽しかったです。
そして、アイリッシュのラグビー好きが伝わってきて
その時間を一緒に共有できてうれしかったです。
こんな時間をプレゼントしてくれた、ジェリーと赤いおうちさん。
本当にありがとうございました!

久しぶりにゆっくり過ごすことにした3連休。
初日の夜はまだまだ続いたのです(笑)

続く。


ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。



[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-30 05:17 | アイルランド
ろんどん食い倒れ!


あ、もう10日前のことなんですが・・・ネタ古くてごめんなさい。

あなすけさんと2人で、ロンドン1泊食い倒れお買い物ツアーに行ってきました。
飛行機で1時間半弱なんですもの!
主婦2人、ダーリンと子供を残し、朝一のライアンエアーでGo!

今回はスタンステッド空港往復。
もちろん賢い主婦は、早めのチケット予約で飛行機代はお手ごろ。
ロンドン市内までの電車もオンラインでブックして割引料金。
ホテルは吟味を重ねて、ラストミニッツ的お値打ちホテル。

10時ごろホテルに到着。
荷物を預かってもらうつもりが、もうチェックインできちゃった♪
身軽になってさくっと観光。一応ね。
とりあえずバッキンガム宮殿はおさえておかなくちゃ!

c0038299_17372070.jpg


近くで見ると、よりゴージャスねぇ。
このあと、テムズ川沿いまでお散歩しながら、公園のリスと出会い
ウエストミンスター寺院、ビッグベン、ロンドンアイをさらっと眺めました。

c0038299_1743199.jpg

c0038299_1744549.jpg


この日のお昼は飲茶!
安くて美味しい飲茶を求めてジェイドガーデンへ。

c0038299_17485472.jpg


おぉ!予想外に1個が大きい。うれしい誤算。
見事に海老入りばかりをオーダー。
アイルランドではなかなかお目にかかれない、ぷりっとした海老ちゃんを堪能しました。
あ~、思い出しても美味しいわ・・・(笑)

やっぱり買い物というと、やっぱり女同士でしょう。
ちびやダーが一緒だと、なにかと控えめになってしまいますが
お互いにアイルランドでガマンをしていたぶん、爆発!
とまではいかなかったけど、ひたすらデパートやショップを覗きまくり。
ちょこちょこと色々購入させていただきました。

夜はさくっとワインバー。ハムとチーズでワインをいただきました。

c0038299_1754792.jpg

c0038299_17581592.jpg


こういうとこ、リムリックにはないんだよねぇ。
ちょこっと食べてちょこっと飲めるとこ。

c0038299_17593188.jpg


って、それで終わりじゃなかったけどね。
やぱりパブ文化のえせアイリッシュの2人。
ホテル近くのパブでビール♪私はせっかくなのでイングリッシュエール。
もう1杯~!なんて思っていたら・・・店じまいかよ(泣)まだ11時前ですよ。
ま、明日のために早く寝るとするか。
・・・といいつつ、缶1本づつお買い上げで、部屋で飲んだ2人。あ、内緒だよ~。

翌朝。軽くトーストとハム、チーズの朝食をいただき、チェックアウト。
荷物は同じ系列の別ホテルで、夕方まで預かってもらえることに。

この日もひたすらお買い物!
目指すはハロッズ。・・・途中寄り道もしたけどね。
まんまとクリスマス商戦にやられました。
ツリー用のかわいいオーナメントがわんさか!
こりゃすごいわ。かわいいわ。・・いつのまにか大きな荷物(笑)

お次はキングスロード。この辺りはわたしもはじめて。
ほほ~。 なかなか雰囲気のよいショップが並んでいますね。
さすがはチェルシー地区。
この通りの本屋で、ミッフィーの絵本を大量に発見!
アイルランドで探しまくったけどなくって、
ロンドン入りしてからも探しまくったんだけど
なかなかなくって、すでに諦めかけていたところでした。
やった~!3 for 2だったよ♪(あ、3冊を2冊の値段で買えるっていうやつね)
これで我が家のミッフィー絵本(英語バージョン)は安泰だ。

チェルシーキッチンでランチ。
ここはランチでも軽めの前菜からごっつりメインまで幅広くて
お腹の具合で組み合わせできてよかった。

さてさて。お買い物の締めくくりは、Maryleboneハイストリート。
ここはSaoriさんおススメのショッピングストリート。
かわいいキッチン雑貨やリボン専門店、のぞきまくってしまった(笑)
時間が足りな~い。
こういうショップが気軽に来れる距離にあったら危険だ・・・。
暇さえあれば寄ってしまいそう。
Paulのマカロン・バゲットも買えたし
コンランショップにも寄ったし。
最後の仕上げにするとしましょう。

荷物を取りにホテルに戻り、チューブの駅を目指すと・・・

c0038299_18164851.jpg


あらま、ちょっと警戒態勢。
ロンドンならではの日常風景を目の当たりにしつつ
大英博物館に向かいました。
閉館間際の博物館に入り、雰囲気だけ。

c0038299_18194810.jpg


近くにあるというタパスバーをさがしてさまよい、最後の晩餐。

c0038299_1820466.jpg


ちびちびつまむのって最高!
がしかし。
電車の時間になったので、泣く泣く店を出ました。

最終便でアイルランドへ帰国。
は~現実に戻ってしまったよ。

ほんとうに楽しかった2日間。しっかりリフレッシュできました。
ダーリン、あなすけダーリン、ありがとう!

・・・なんでもっと早く実行しなかったのか、2人で後悔しましたとさ。






[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-26 18:26 |  -イギリス
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その3





ベートーヴェンの生家をあとにして、マルクト広場へ。
ボンの旧市庁舎がありました。



マルクト広場のインビス(屋台)でブルスト(ソーセージ)を買い、
市庁舎やマルクトを眺めながらもぐもぐ・・・。
パリッとはじけるブルストの皮、ジューシーな肉。思い出してもおいし~♪



再び歩き始めて聖レミギウス教会へ。



ボンに残る唯一のゴシック様式教会。
ベートーヴェンは10歳の頃、この教会の早朝ミサのオルガニストだったとか。
当時の演奏台(鍵盤)が、ベートーヴェンハウスに展示してありました。



後日分かったことですが、この教会にベートーヴェンの洗礼盤が据えられているそうです。


ライン川のほうに向かいました。



ボン・オペラ座



旧税関



・・・誰の銅像だったんだろう?



ライン川にむかっていた大砲。



街並みもすっかり秋でした。



ボン大学



カール・マルクスの出身校であり、新渡戸 稲造が留学した大学。
・・・あ、新紙幣ではもう見ることができないんですねぇ。



とてもきれいで、オープンなかんじ。
校舎のまえで、自転車市?がおこなわれていました。


最後にミュンスター教会
900年の歴史を持つこの教会でも、ベートーヴェンはオルガンを弾いたそうな。
入り口が改装中で入れそうになかったので外だけ。




ベートーヴェンの生まれた街を歩くと
今までただなんとなく思い描いていたベートーヴェンが
もっと具体的で立体的になっていきました。

突然のドイツ旅行でしたが、楽しんできました。
ベートーヴェン、改めて聞きたいなぁと思いました。


  ブログランキングへ。



[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-18 00:00 |  -ドイツ
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その2





2泊3日の最終日。ダーリンは朝からオランダへ向かいました。
私も同じ時間にホテルを出て、向かったのは・・・



西ドイツ時代の首都だった Bonn ボン。
こじんまりとしていると聞いていましたが、ほんと。
雨上がりの朝早い街は、すがすがしい!



ボン、といえば、やはりベートーヴェン。
230年以上も前ですが、彼の生まれ育った街。
のんびりと、その面影を辿りつつ、散策してみました。

まずはインフォメーションで地図を手に入れました。
日本語のものがありました。
地図の徒歩ツアーを参考に歩きます。

ミュンスター広場のベートーヴェンの記念碑。



星の門。



ベートーヴェンの生家。



現在はベートーヴェンの貴重な資料などが展示されている博物館。
直筆の楽譜や手紙。
少年の頃弾いていた、教会のオルガンの鍵盤。
贈り物の楽器。
使用していたハンマークラヴィア(ピアノ)。
生まれた部屋。

子供の頃、ピアノを習っていて、
やっぱり早く弾けるようになりたかったのは、『エリーゼのために』だった。
大晦日が近づくと、聞こえてくる第九。
なんとなく、だったベートーヴェンの存在に、ようやく触れることができたような気がしました。

じっくり見て回ってたら、あっというまに時間が過ぎてしまいました。
道路には、こんなタイルがはめこまれていました。




長くなりそうなので、続きます。


  ブログランキングへ。



[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-13 00:00 |  -ドイツ
ヨーロッパの日本とベートーヴェンの街へ・・・その1




先週、ダーリンの出張が突然決まり、
『明日からドイツとオランダ行くけど・・・、どうする?』
と聞かれまして、せっかくの機会、行かないわけには・・・ねぇ(笑)
で、突然でしたが、2泊3日でドイツへ行ってきました。
もちろん、ダーリンとはほとんど別行動。
ダーリンの乗るフライトと同じ便を、自分で手配して(勝手に)ついて行きました。

アイルランド・シャノンードイツ・デュッセルドルフ往復。
デュッセルドルフでは、突然にもかかわらず友達と会えることになり
あと1日は西ドイツ時代の首都、ボンに行くことにしました。


デュッセルドルフは2回目。着いたのは夜中の11:30。おそっ!
食事処は開いているわけもなく・・・?
いえ、日本のラーメン食べました。カフェで(笑)
デュッセのImmermann通りは、別名日本人通り。
日系企業や日本食レストランが並び、まさに日本!
夜食がいただけるとは、ありがたいです。
ホテルにチェックインして、この日は休みました。

2日目、金曜日。ダーリンはオフィスへ。
友達と会う時間まで、とにかく歩き回ることに。
駅構内をうろうろ、インマーマンをぶらぶら。
旧市街をきょろきょろ。気になるショップを物色(笑)
キッチン雑貨やかわいいおもちゃ、たくさん見つけて
どれを買おうか迷いました。
このとき買ったものの1部。



ランチタイムに待ち合わせしたのぐたん。
会うのは1年以上ぶりだったよね~。
お互い住んでいる国も、ダーリンの会社もちがうけど
赴任妻という立場が同じで、仲良くさせていただいてマス♪
お昼はのぐたんおすすめのレバノンレストランへ。




ヒヨコマメのコロッケ、『ファラフェル』
チキン・ビーフ・ラムの、『ミックスカバブ』。
ランチはドリンクつきなのがうれしいね!(何を飲んだのかは・・・内緒ってことにしておこう)

ゆっくりランチしながら、話は尽きず。
ランチのあとは、のぐたんのおススメショップや私の希望ショップを覗きました。
ウインドウショッピング、こんなにゆっくりしたのは久しぶりだな~。



のぐたん、ダーリンの仕事が終わるまで付き合ってくれてありがとう!

夕食はダーリンと上司であるMr.と一緒に。
ドイツなので、ドイツ料理・・に向かいましたが満席。
で、リムリックにはない韓国料理に変更。
韓国人グループさんが、すでに飲んでました・・・。
みんなで揃って一気にぐいっと!ぐいっと!もひとつ、ぐいっと!

韓国料理といえば、豊富な付きだし。8種類ほどでてきたかな?
かなりたくさんのメニューの中から、ユッケや天ぷらチヂミなど
つまめるものをちょこちょこオーダーし、シェアしました。
カプサイシンたっぷりとって、おなかもいっぱい。ごちそうさまでした。

続く。

  ぶろぐらんきんぐへ。ぽちっと。



[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-10 00:00 |  -ドイツ
ゴルウェイ オイスターフェスティバル 2006




↓のパレードに続き、スペイン門を見ながら向こうのテントまで。



すごく大きな特設テントです。
この中で、カキの早剥き大会も行われます。
以前、ウルルン滞在記で放送されたので、ご存知の方も多いはず。





この旗、ほしい・・・。



この会場への入場には、チケットが必要です。
この日のイベントは、カキの試食、カキの早剥き大会、シーフードのランチなど。
・・・残念ながら、入ってないよ(笑)
だって、100ユーロ(≒15,000円)って、高いよ~。
みなさん、ドレスアップしてるしさ。
宝くじが当たったらにしようっと。

入場者のなかに、ちらほらアジア人発見。来るのね~。買うのね~。(・・・私たちも似たようなもの??)

さてと。
雰囲気も味わったことですし、ランチだよね♪





パブも混雑しています。
とりあえず目的はオイスター!






殻が丸っこいの、これならわかりますよね!?
アイルランドの牡蠣はヒラガキ、という種類です。
身も少し歯ごたえがあり、美味しかった~。

オイスターフェスティバルは、この日の夜も次の日も
テントの中で有料イベント(牡蠣の試食を含む)が行われました。
・・・もう少しお手ごろだったらよかったのにな。

テントに入らず、フェスティバルの雰囲気に浸った1日でした。
牡蠣とギネス、うまかった♪



  ぶろぐらんきんぐ 応援クリック。ぽちっ。




[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-03 23:00 |  -アイルランド
The 52nd Galway International Oyster Festival




週末、Galway ゴルウェイ に行ってきました。

目的は・・・

Galway International Oyster Festival

オイスターフェスティバル

ヨーロッパでは"R"のつく月 (September~April)は
カキを食べることの出来るシーズンと言われています。
その解禁月である9月末にある、カキの産地ゴルウェイのお祭りです。

アイルランドで唯一と言っても過言ではない
『生で食する海の幸』 オイスター。
日本の牡蠣とは種類が異なり、殻が丸っこく、身は少し歯ごたえがあります。
アイルランドでは、ギネスと一緒に、シャブリではなくギネス。
せっかくなので、このフェスティバルをのぞいてきました!



マーケットで見かけたパンプキンたち。
・・・もちろんハロウィン用なんだろうなぁ。



もちろん牡蠣も売っていました。
殻が丸っこいの、わかりますか・・・?



あいにく小雨が降ったり止んだりする中でのパレード。
子供たちや地元のバンドが演奏しながら先導。
牡蠣の早剥き大会参加者などが列をなし、会場まで歩いていました。







さ、私たちもこのパレードと一緒に、会場までGo!

・・・続く。


ぶろぐらんきんぐへ





[PR]
by usaginosiratama | 2006-10-02 23:00 |  -アイルランド
2次会
↓のオフ会のあとのおはなし。

すでに午後4時すぎ。
はみさんと一緒に、つぐみさんのお宅におじゃましました。
この日はお仕事だった、つぐみさんダーリンにもお会いしたい!
ということで、終わる頃までおしゃべり。
この日、ダブリンやUKの家賃事情を目の当たりにしまして
かなり驚いてしまいました。いやぁ、高いっすね。
こんな高い家賃で、アイリッシュは生活していけるのだろうか・・・など
余計な心配をしたりして(笑)

6時ごろ、つぐみさんダーリンの会社近くへ。
ここではみさんとはお別れ。

つぐみさんダーリンと合流し、ダブリンのシティーセンターをうろうろ。
すごくヒトが多くて・・・いやぁすっかり田舎者になった私たち。
ちょっと早めの夕食をかね、こちらのお店へ。



スペイン・タパスバー。
バルセロナですっかりタパにはまった私たち。
アイルランドで食べれるのなら!と希望しました。



気軽にふらりと入りやすい感じ。
・・・リムリックにはないな(泣)



ノンアルコールビールやサングリアといっしょに。
同じような駐在夫婦同士、もっと近くだったら良かったね~と
いろいろなことをずっと話し続けました。

楽しい時間はあっという間。
忙しいダーリンの為、日帰りだったダブリン滞在は
帰る時間となってしまいました。え~ん(泣)

つぐみさん、つぐみさんダーリン、しんちゃん(つぐみさんは現在妊娠7ヶ月なんです!)
楽しい時間をありがとうございました。
また近いうち、ゆっくり遊ぼうね~!



この日の帰り。
『夜景きれいだね~』 なんて言いながら走っていましたが
・・・台風となりました。
いや、笑い事じゃないんだけどさ、半端なくすごかったのよ~。あせったよね、ダーリン。
暴風雨の中、休憩しながら安全運転。
無事にリムリックの我が家へ帰ってきました。
ダーリン、長時間の運転おつかれさまでした。

やっぱり友達との楽しい時間を過ごす。
」って大事ですよね。・・・初対面でもね(笑)



[PR]
by usaginosiratama | 2006-09-26 22:57 | 海外生活
ぶろがーおふかい
あちこちのブログでも、たびたび話題となるオフ会

あぁ、オフ会ね!と思った方。・・・お、おふかい?と思った方。

オフ会=オフラインミーティング
インターネットを通じて、知り合った人たちが
オンライン(インターネット)ではなくオフライン(現実世界)で親睦を行う会。

です。

このたび、はみさん幹事のもと、アイルランドブロガーオフ会が開催されました!

またまた~。そんな、開催だなんて大げさなぁ。
なんて思わないでくださいよ~。
総勢16名(+お子ちゃま2名)の会となりました!

土曜日、12時30分、赤坂集合!

c0038299_025622.jpg


アイルランドではじめて、といっていいほどの
本格和食が頂けるお店です。
・・・私たちは初めてでしたけど(笑)

c0038299_0323465.jpg


Bento Box、幕の内ってとこかな。これをチョイス。
約12ユーロ(約1,800円)って、アイルランドにしては安いと思う。

c0038299_0391010.jpg


お刺身におでんですよ~!外食をして久々に感激!美味しかった。
他にも美味しそうなものがいろいろ。近所だったらまた来たいケド・・・ダブリンだし。

お店の外観、撮りわすれた・・・(泣)
他の方もUPしているので、よかったらのぞいてください(笑)

幹事のはみさん、副幹事のくりりんさん、ちょこちょこおじゃましているまさやんさん
そして、ずーっと会いたかったつぐみさん
そのほか多数のかたと楽しい時間を過ごしました。

みなさん、本当におつかれさまでした!

c0038299_273559.jpg


つづく。(・・・うふ♪この日はこれで終わりじゃなかったの♪)



[PR]
by usaginosiratama | 2006-09-25 01:03 | 海外生活